細胞内のタンパク質間相互作用を発光で高感度に測定する技術を提供します

スプリットルシフェラーゼテクノロジー

ブラジル産ヒカリコメツキムシ由来のルシフェラーゼ(Emerald Luc)は,従来より用いられているホタルルシフェラーゼと比べ安定で、強いシグナルを出すことが知られています。2つのパーツに分解(スプリット)し、それぞれを細胞内に導入すると、自然界にはないルシフェラーゼのタンパク質断片が生成されます。当社は2つのパーツが細胞内で会合することによって発光するスプリットルシフェラーゼシステムを開発いたしました(特許取得済み)。このシステムを用いて、GPCRをはじめ細胞内の様々なタンパク質間相互作用を、簡便かつ高感度に発光シグナルとして測定することが可能になりました。

スプリットルシフェラーゼテクノロジー
  • Ligand; DAMGO, 10μM
  • Ligand; DAMGO, 10μM/
    Antagonist; Diprenorphine, 0.1μM
ブラジル産 ヒカリコメツキムシ(Pyrearinus termitilluminans)の発光
ブラジル産 ヒカリコメツキムシ
(Pyrearinus termitilluminans)の発光
写真提供:産総研・近江谷克裕先生
↑
PAGE TOP